蒔絵師 三代 前端春斉作 蔦蒔絵 黒柿香合。茶道具

骨董品買取と販売のなでしこ。
本日のお勧め逸品は蒔絵師 三代 前端春斉 蔦蒔絵 黒柿香合です。


蒔絵師 三代 前端春斉 蔦蒔絵 黒柿香合

前端春斉 蔦蒔絵 黒柿香合

前端春斉 蔦蒔絵 黒柿香合 前端春斉 蔦蒔絵 黒柿香合 前端春斉 蔦蒔絵 黒柿香合

前端春斉さんは祖父である初代が木地師、父で二代目が塗師、そして三代目が蒔絵師ということで
名門前端家の技術と伝統が脈々と受け継がれています。
また単に伝統を継承するだけではなく、『陶漆』という陶器に蒔絵を焼き付けた技法を考案するなど
新たなことにチャレンジする大胆さも兼ね備えている方です。

当作品も地に黒柿の独特の模様を生かして蔦の蒔絵を大胆な構図で施してあります。
構図は大胆ですが、その蒔絵の施しは拡大写真でご覧になるとお分かりのように葉の脈まで丁寧に表現されています。「茶席」という独特の空間にも見事に映える作品です。
また、形状も四角の角が丸みを帯びていて手に取った感じも至って自然です。
蓋の裏には花押がございます。
共箱には堀内宗完の書付も頂いている逸品です。

当店の骨董ショーケースにて62000円にて販売しております。
売切いたしました。

Tags: ,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>