信長と秀吉の茶会

紹鴎や利休たちの茶風をとりいれるために名器を集めた織田信長と豊臣秀吉。しかし、このふたりほど茶の湯に深くかかわった為政者はいない。

信長と秀吉は、深く茶の湯にかかわり、これを自らの教養とするとともに、大いに政治の具として活躍した為政者である。この二人は、諸道具を集め、その価値を諸大名に認めさせることによって、中央集権の力をいやが上にも強めることができたのである。

お茶道具の買取は撫子へ