三浦竹泉 平安 紫泥急須

三浦 竹泉(みうら ちくせん) 昭和九年八月三十一日、四代竹泉の長男として五条坂に生まれる。幼名を徹。昭和三十二年同志社大学文学部卒業。日本文化史及び美学・芸術学を専攻。陶業を 主に父四代竹泉に師事。その間、茶道・煎茶道・華道・香道を修業、昭和四十七年五代竹泉を継承し現在に至る。竹泉窯の伝統的作風を生かすことに努力し、祥 瑞・染付・赤絵・色絵・金襴手・交趾・三嶋・志野・火襷などを研修会得し、又、大気汚染防止法令により使用が禁止された従来の登窯焼成に代るものとして、 ガス・電気によるより効果的な焼成法を開発し成功。主に美術工芸作品、とりわけ茶道用具百般について、自らが使う人の立場にたって手掛け制作している。長 年来の京焼の伝統技術を保存伝承するかたわら、常に新しい感覚を取り入れ創作に専念、「用の美」をめざして斬新にして目に楽しく、又使い易い作品の制作を 続けている。

 

1853-1915 明治時代陶芸家。
嘉永(かえい)6年生まれ。京都の人。3代高橋道八にまなび,明治16年五条坂に開窯。染め付け,金襴手(きんらんで)などに技のさえをみせた。35年清(しん)(中国)の朱琰(しゅ-えん)著「陶説」を邦訳名跡は現代までつづいている。大正4年3月19日死去。63歳。本姓渡辺。名は政吉。通称は駒次郎。

Tags:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>