本阿弥光悦「白楽茶碗 銘不二山」

工芸総合デザイナー本阿弥光悦のしぶーい作品である。
利休の茶椀の美意識は難解である。

本阿弥の茶器は、茶道では知られているが、作品の少なさの故実際にあまり使われることがないといわれている。
が、本阿弥の作品は「わび」「さび」が込められており茶道の広めた人物故に実際の茶器として、使われることが一番、本阿弥の作品の魅力を感じることができるのではと私は思う。

また、本阿弥の茶道具がもしあれば是非、撫子に持ってきてもらいたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>