人間国宝 近藤悠三 作 拓榴染付飾皿

人間国宝 近藤悠三 作 拓榴染付飾皿
関谷有栖 作

近藤 悠三(こんどう ゆうぞう)1902年~1985年

京都市立陶磁器試験場卒業後、富本憲吉し師事。
さらに関西美術院洋画研究所にて絵付技術の研鑽を積む。
1928年の帝展入選を皮切りに、同展や文展で活躍。
戦後は日本工芸会に参加し、日本伝統工芸展で活躍。
また、京都市立美術大学の教授にも務めた。
1977年には染付技法に於いて国指定重要無形文化財(人間国宝)に認定。
染付・白磁・金彩などに多くの秀作を残している。

皿一面に大胆に描かれた染付の柘榴に勢いがあり、生命の息吹を感じます。
柘榴の図柄を好んで用いている悠三ならではの作品ですね。

詳しくは 骨董品の撫子で


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>