9月, 2012

利休の茶会

茶聖とまで仰がれた利休は、詫び寂びの主張を茶式に完全に組み入れ、その茶風を確立させた。その好物は数多く、墨蹟の掛物、竹花入、炉釜、焼物香合、楽茶碗などは、利休によって、初めてその地位を得たのである。利休のころになると、東 […]

Posted in 未分類 | No Comments »