4月, 2012

六角紫水 漆画丸盆 1924年

六角紫水とは、明治維新後に岡倉天心らとともに全国を奔走し、日本の伝統文化財の保護、保存をし、近代化進み、欧米の文化が日本に浸透していく中、必死での本の漆芸の伝統の研究と継承し、今に至るまで多くの技法を世に残した一人として […]

Tags: , ,

Posted in 未分類 | No Comments »

長州萩 住 宣英 鍔

長州萩住宣英は、岡田系の宗家でその頭領でも有り俗名を岡田惣兵衛と名乗り享保七年十二月に家督を相続し享保十五年正月に匠名を「宣英」と改名した巧者です。 当時、長州藩では鉄鍔造りを大いに奨励しそれらの作品を全国各藩に移出した […]

Tags: ,

Posted in 刀剣・刀鍔 | No Comments »

武者小路実篤  柿のある静物

武者小路実篤 実篤の掛軸といったら、柿の絵をイメージする方も多いと思われます。だが本人は白樺派の代名詞的存在で、理想主義・空想社会主義といった、現実離れした一面をもつ人物でありますが、作品はシンプルいたって平穏な静画、風 […]

Tags: , , ,

Posted in 掛け軸 | No Comments »

玉置保夫 志野ぐい呑

玉置保夫のぐい呑です。ぐい呑と言われると、骨董品の中でも素材や形の点で、 安価な部類に入るので、有名な作家さんでもお持ちの方も多いかと思われます。 玉置保夫のぐい呑は、特別な素材と塗りを使っており、一般のぐい呑みとは違っ […]

Posted in 骨董品 | No Comments »