未分類

利休の茶会

茶聖とまで仰がれた利休は、詫び寂びの主張を茶式に完全に組み入れ、その茶風を確立させた。その好物は数多く、墨蹟の掛物、竹花入、炉釜、焼物香合、楽茶碗などは、利休によって、初めてその地位を得たのである。利休のころになると、東 […]

Posted in 未分類 | No Comments »

信長と秀吉の茶会 その2

信長と秀吉の茶は、紹鷗、宗及や、宗久、利休の茶風を取り入れたものではあっても、一面、天下の名茶器を誇示し、その威厳を示す茶会に終始したといってよいであろう。信長は、その聡明な才と機敏な判断力で、まず全国に茶入狩を呼びかけ […]

Posted in 未分類 | No Comments »

信長と秀吉の茶会

紹鴎や利休たちの茶風をとりいれるために名器を集めた織田信長と豊臣秀吉。しかし、このふたりほど茶の湯に深くかかわった為政者はいない。 信長と秀吉は、深く茶の湯にかかわり、これを自らの教養とするとともに、大いに政治の具として […]

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

バーナード・リーチ ガレナ釉獅子文皿

イギリス人でありながら、日本の陶芸文化を愛し、日本の陶芸家達と交流し、お互いに精進し、本国のイギリスやドイツで忘れつつあった、伝統的な日用陶器にも着目しその技法を当時のイギリスに技術を伝えた第一人者である、かの濱田庄司や […]

Posted in 未分類, 陶磁器 | No Comments »

六角紫水 漆画丸盆 1924年

六角紫水とは、明治維新後に岡倉天心らとともに全国を奔走し、日本の伝統文化財の保護、保存をし、近代化進み、欧米の文化が日本に浸透していく中、必死での本の漆芸の伝統の研究と継承し、今に至るまで多くの技法を世に残した一人として […]

Tags: , ,

Posted in 未分類 | No Comments »

本阿弥光悦「白楽茶碗 銘不二山」

工芸総合デザイナー本阿弥光悦のしぶーい作品である。 利休の茶椀の美意識は難解である。 本阿弥の茶器は、茶道では知られているが、作品の少なさの故実際にあまり使われることがないといわれている。 が、本阿弥の作品は「わび」「さ […]

Posted in 未分類, 茶道具 | No Comments »

真葛焼 宮川香斎 作 節句茶碗

宮川(真葛)家は伝統ある京焼の名門です。 祖は貞享年間(1684~88)に近江国坂田郡宮川村から京都に出て、 知恩院門前に居を構えた宮川小兵衛政一(祐閑)で、 長男・治兵衛政重(祐翁)が五条坂に茶碗屋治兵衛家を興して末裔 […]

Posted in 未分類 | No Comments »